Pythonの辞書とは?追加・削除・上書きする方法

Pythonのコンテナで有名な辞書の使い方を解説していきます。リストやタプルと異なるところや、キー・バリューの意味、要素を追加・削除する方法などです。

辞書とは?

定義&書き方

辞書とはキーとバリューのペアでデータを格納できる箱のことです。リストやタプルは一つずつのデータを格納していましたが、辞書は2個で1セットです。

  • 辞書は波カッコ({})で書く
  • 「(キー):(バリュー)」で書く

リストやタプルはインデクスを指定して要素を取得しましたが、辞書はキーを指定してバリューを取り出します。

存在しないキーを指定すると「KeyError」になります。

性質

辞書はミュータブル・イテラブル・マッピングという性質があります。

  • ミュータブル:変更可能
    • リストもミュータブル
    • タプルはイミュータブル(変更不可)
  • イテラブル:反復可能
    • for文でループできるもの
    • リストもタプルもイテラブル
  • マッピング:キーでバリューを呼び出せるもの
    • リストやタプルはシーケンス

シーケンスとはリストやタプルのように整数のインデックスが要素に割り振られているものです。辞書はそうではなくキーとバリューのペアで格納されています。

つまり、辞書ではインデックスの役割をキーとして自由に設定できるということです。その性質をマッピングと言います。

辞書の順番

辞書には順番が関係ないことも大きなポイントです。以下のように要素の順番が異なってもキー・バリューのペアが等しければTrueになります。

追加

辞書に要素を追加するときはキーとバリューを指定します。メソッドを使わなくてもいいのがラクですね。

もちろん、リストではないのでappendメソッドは使えません。

バリュー上書き

すでに存在するバリューを上書きするときは、そのキーを指定して新しいバリューを書きます。下の例では「Tom」を「Bob」に上書きしています。

削除

要素を削除するときはキーを指定して「del」を使います

まとめ

  • 辞書はキー・バリューで格納される
  • 要素の順番は関係ない
  • ミュータブルでイテラブルなマッピング
  • 追加するときはキーとバリューを指定
  • 削除するときはキーを指定して「del」

当ブログではPython初心者が独学で習得するためのカリキュラムを公開中!

初心者がPythonを独学で習得できたロードマップはコチラ

Pythonの辞書とは?追加・削除・上書きする方法
最新情報をチェックしよう!