Pythonのfor文でrange関数とlen関数を使う方法

ループ処理に使われるfor文とよくセットで使われるrange関数の使い方を紹介していきます。

for文の書き方とrange関数の挙動を知っていればその組み合わせでいろいろなループ処理を作ることができます。

もし、for文とrange関数の基本的な内容が不安な方は以下の記事をご覧ください。

関連記事

Pythonのループ処理に使われる構文にはfor文とwhile文があります。今回はそのfor文の使い方解説をしていきます。 for文とは for文はループ処理を行う構文です。Pythonで書く場合はコロン(:)とインデントに注[…]

Pythonのfor文解説
関連記事

for文でおなじみのrange関数の使い方を説明していきます。この関数の使い方を詳しく知っていればより柔軟にfor文のプログラムを作ることができます。 この記事で紹介しているコードはPythonのIDLE表記になっています。実際にプ[…]

Python組み込み関数range

整数を取り出す

まずはシンプルにrange関数で指定した整数を取り出す方法です。range関数の書き方でいろいろなパターンの整数を取り出すことができます。

上のようにrange関数の書き方によっていろんなパターンの整数を取り出すことができます。

リストの長さだけ繰り返す

ループ処理をするときに重要なことは「何回ループさせるのか」です。その回数があらかじめ決まっているときもあれば、毎回異なる場合もあります。

例えばリストに含まれているデータの数だけ繰り返したいときを考えてみましょう。この時はrange関数とlen関数の組み合わせで対処できます。

len関数の引数にリストを渡すとリストの長さを返します。リストの長さとは含まれているデータの個数のことです。

len関数で取得したリストの長さが4なので、「range(4)」となって0~3までの整数を出力しています。

上の例では変数Yにリストの長さを代入していますが、以下のように変数に代入せずに書くこともできます。

range関数の引数に「len(X)」を渡しています。Xは長さ4のリストなので「len(X)=4」となりますから、「range(len(X))=range(4)」となり先ほどと同じ出力結果になっています。

このように関数を入れ子にすることもできます。プログラムが複雑になる場合は避けた方が見やすいですが、これくらいなら問題ないでしょう。

まとめ

今回はfor文とrange関数・len関数の使い方を見ていきました。よく出てくる使い方なので、自分でもプログラムを書いて挙動を確かめてみましょう。

Pythonのfor・while・if文に関する記事たち
5

当ブログではPython初心者が独学で習得するためのカリキュラムを公開中!

初心者がPythonを独学で習得できたロードマップはコチラ

Pythonのfor文でrange関数とlen関数を使う方法
最新情報をチェックしよう!