【独学合格】統計検定2級でおススメの本7選(参考書&問題集)

ここ最近で大人向けの数学関連の書籍が増えてきていますね。数学ブーム到来!の予感がします。

数学の中でも大人が学ぶのに最適なのは確率・統計と言われていますね。実生活に関連図けて考えることができるので身に着ければ視野が広がること間違いなしです。

特に機械学習の分野では統計学の知識を必要とされることがあり、AIエンジニアで統計検定を受験しようと考えている人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はそんな統計検定の入門でもある2級合格のために使える本を紹介していきたいと思います。

統計検定2級ってどんな資格?

統計検定2級

資格の難易度

統計検定のホームページより

統計検定2級は、(略)大学基礎科目レベルの統計学の知識の習得度と活用のための理解度を問うために実施される検定です。

統計検定2級

と書かれているので、高校数学の知識は当たり前のように問われるということですね。

もちろん確率・統計と言われるくらいですから高校数学の場合の数・確率は当然として、数学が苦手ならΣ(シグマ)記号の使い方や微分積分の知識も必要です。

さらに詳しく「どういった内容を復習すべきか」に関しては別記事で近日公開します。

独学で合格は可能?

独学で合格することは可能です。

私も1か月ほど勉強して合格しました。中には1週間だけ勉強して合格したなんて人もいるみたいです。猛者ですね~。

独学で大事なことはスケジュール管理です。自分の現状のレベルを把握して、知識を学ぶことと演習することをセットで進められるかがポイントです。

私の場合7:3で演習をたくさん行いました。以下に過去問のテキストも紹介しているので最低でも2周は行いたいところです。

関連記事

こんにちは、今回の内容は統計検定2級の合格体験記です。 1か月間の勉強で何をやったのか、何のテキストを使ったのか、どのようなスケジュールで進めたのかなどを公開していきたいと思います。 今後、統計検定の受験を考えているのであれば[…]

ゼロから復習したい人向けの本

統計検定2級

高校数学で数学の内容を忘れてしまったり、不安がある人向けの参考書を紹介していきます。

大学入試 苦手対策

統計検定では場合の数・確率・微分・積分・Σ(シグマ)記号を使います。これらの単元に不安があるのならまずは高校の数学から見直しましょう。

単元ごとに復習できるテキストもあるので苦手な部分だけを演習することで効率よく学習できますね。

チャート式

これは参考書の中でも有名ですね。2級の受験には必要ない単元も含まれていますが、練習量としては十分です。

チャート式は本の色でLevel分けされています。青色までで十分対応できる範囲だと思います。

チャート式数学のレベル
チャート式数学のレベル

引用元:数研出版 レベル表

参考書や問題集は書店で中身を見てから選ぶことをおススメします。

  • 説明が多いのか問題が多いのか
  • 問題はレベル別になっているか
  • 公式だけかその証明まで載っているか
  • 見やすいレイアウトになっているか

などを確認して自分で納得して買った方がモチベーションは上がりますね。

基本的な数学の内容で苦戦する場合は、一度3級を受験してから2級に挑戦することも視野に入れておくと、段階的に挑戦できて安心です。

数学が得意な人向けの本

統計検定2級

高校数学(特に場合の数、確率)の内容は忘れていないとう人や理系出身の人向けの参考書を紹介していきます。

完全独習 統計学入門

統計学の入門書として有名な本です。amazonや楽天の評価レビューも4以上と非常に高いのでオススメです。

高校の数学は得意だけど統計学には触れたことがないという人にはうってつけですね。

練習問題もあるので確認しながら進めることができます。

統計学入門

このテキストは有名ですが2級の学習にしてはハードかもしれません。大学の数学科で使われるくらいのテキストですからね。

もし今後も統計学の道に進むのであれば持っていても損はないでしょう。

公式テキストはわかりにくい?

公式テキスト

通販サイトの口コミを見る限り

初学者にはオススメしない

口コミ

という書き込みが目立ちます。

おそらく高校数学で習う計算や記号を当たり前のように使っているので、初心者には難しく感じたかもしれません。

日本語の文章の書き方に分かりにくいところがあるのは事実です。分かりにくい表現だなと感じるところが数か所ありました。

大学などで理学書を読んだことがあれば「理学書=難しい」という意識があるので、分からないところが出てきても自分で行間を埋めながら読み進めるということができるかもしれませんが、文系学部出身だと慣れないかもしれないですね。

余談ですが、数学系の理学書ともなると1冊読むのに150~200時間かけることがあるみたいです。つまり、単なる読書ではないということですね。

個人的にこの公式テキストにはお世話になりました。各章の最後に4,5個ほど練習問題がついているので確認ができてよかったです。

公式テキストの内容やレビューは別記事で公開したいと思います。

公式問題集

これは使っておいた方がいい1冊です。

解説も丁寧に書かれているので読み込むとさらに勉強になります。

問題集とされていますが、中身は過去問なので問題の出題傾向をつかむことにも役立ちます。

統計検定の問題は図や表が多い中での90分という時間との戦いにもなるので、繰り返し練習が必要です。

電子書籍もあるよ

統計検定2級

AmazonのKindle Unlimitedの会員であれば月額980円で読み放題です。

Kindle UnlimitedはAmazon公式サイトから

統計検定関連の書籍や高校数学のテキストや問題集も利用し放題になるものもあるので、1か月だけでも集中して勉強するのであれば本を買うよりお得ですね。

統計検定合格のツボ」や模擬試験問題集1模擬試験問題集2模擬試験問題集3なんかも読み放題の対象になっているので980円の価値はあると思います。

全ての本が読み放題にはなりません。kindle Unlimited対象は限定されています。また、読み放題の本は10冊まで選ぶことができます。すでに10冊選んでいる状態で新たに追加したい場合はどれかと交換する必要があります。

ただ、統計の勉強に限ると10冊もあれば十分です。

まとめ

今回は統計検定2級で使える参考書や問題集を紹介していきました。

合格のためには長い人で半年ほどかかるそうです。仕事をしながらだと時間とることが難しいかもしれません。

ですが、たくさんの問題集に手を出すのではなく1冊を完璧にする方針で効率よく学習していくと理解度が格段に上がるでしょう。

今回紹介した本が役に立てば幸いです。

関連記事

統計検定の受験に電卓が必要になったけど、準備すべきタイミングや選ぶときの基準が分からないという方は多いのではないでしょうか? 簡単な計算をするときはスマホを使ってパパっとできてしまうので電卓に詳しくない方がほとんどだと思います。私も[…]

【統計検定】おすすめの電卓と意外と知らない使い方
【独学合格】統計検定2級でおススメの本7選(参考書&問題集)
最新情報をチェックしよう!