【Python】初心者必見!データ型を理解してエラーを減らす方法

プログラミングをする上でデータ型の話を避けて通ることはできません。データ型を理解していないとエラーが大量発生してしまうかも。

今回はそんな超重要なデータ型を初心者向けにやさしく解説していきます。この記事の内容を正しく理解してエラーの回数を減らしていきましょう。

また、この記事ではPythonを例に解説していますが、データ型の話はほかのプログラミング言語にもあてはまりますので参考にしてみてください。

データ型とは?

プログラミングでは様々なデータを扱うことになります。そのときにデータが持つ性質ごとに分けたものをデータ型と言います

データ型が異なればデータの性質が異なるということです。

例えば数字の「2」は整数であり「Hello World」は文字列です。このときの整数や文字列がデータ型です。

整数は足し算や引き算などの四則計算ができますが、文字列に対して四則計算はできないというように、データ型によってできること、とできないことがあるというわけです。

以下に代表的なデータ型をまとめています。もしこれらのデータ型を無視するとエラーが発生しますから、明確に区別できるようにしましょう。

データ型の確認方法

Pythonではtype関数を使うとデータ型の確認ができます。以下の「int」や「str」がデータ型を表しています。

データ型の種類

整数:int型

int型とは整数を扱うときのデータ型です。整数を入力すると自動的にint型に分類してくれます。もちろん、正の数と負の数の両方を扱うことができます。

浮動小数:float型

float型とは小数を扱うときのデータ型です。これも正の数と負の数の両方を扱うことができます。

また、5/4のように分数を入力しても自動的に小数に変換されるのでfloat型になります。

文字列:str型

str型とは文字列を扱うときのデータ型です。文字列は通常ダブルクォート(”)またはシングルクォート(’)で囲みます。

「2」と入力するとint型ですが、「’2’」と入力するとシングルクォートがついているのでstr型として認識されます。

真偽値:bool型

bool型とは真(True)が偽(Fales)の二つの値を持つデータ型です。比較の結果などに使われます。

コンテナのデータ型

コンテナとは複数のデータを格納する箱です。リスト、タプル、辞書の3つがあります。これらはデータの格納方法が異なります。

リスト:list型

リストとは格納されているデータの変更などが可能(ミュータブル)なコンテナのことを言います。リストは角カッコ([])で表します。

以下の例のようにリストの中にどんなデータが格納されていても、角カッコで囲まれていればlist型になります。

タプル:tuple型

タプルとは格納されているデータの変更ができない(イミュータブル)なコンテナのことを言います。タプルは丸カッコ(())で表します。

これもリスト同様、タプルに格納されているデータ型によらず丸カッコで囲まれていればtuple型になります。

辞書:dict型

辞書とは2つのデータを関連付けて(キーとバリューとして)保存できるコンテナのことを言います。辞書は波カッコ({})で表します。

辞書の場合も格納されているデータによらず波カッコで書かれているならdict型になります。

集合:set型

集合(セット)とは順番に関係なくデータを格納するコンテナです。辞書と同じく波カッコ({})で表しますが書き方が異なります。

データ型を無視したときに出るエラー

int型とstr型の足し算などのデータ型を無視したプログラムを実行した場合はTypeErrorが出ます。

一番下の行に書かれている文の意味は「int型とstr型の足し算はできません」という意味です。言い換えると「数字と文字の足し算はできない」という意味です。

もし、TypeErrorが出てきた場合は、プログラム中のデータ型を見直してみましょう。

まとめ

今回はデータ型を見ていきました。人間にとっては数字や文字の区別は当たり前のようにしていますが、パソコンは違います。

「これが数字でこちが文字ですよ」と教えてあげないとわからないわけですね。そのためにクォートや括弧で区別したりします。

パソコンの気持ちになって考えてあげましょう(笑)

データ型はオブジェクトの話にも通じるところですから、それぞれのデータ型を区別できるようにしておきましょう。

当ブログではPython初心者が独学で習得するためのカリキュラムを公開中!

初心者がPythonを独学で習得できたロードマップはコチラ
Pythonのデータ型
最新情報をチェックしよう!