【超基礎】Pythonの演算子とは?(数値と文字列の計算)

Pythonで計算や比較をするときに使う演算子を詳しく紹介していきます。表でまとめながら書いているので、忘れてしまった人や独学の参考になれば幸いです。

当ブログではPython初心者が独学で習得するためのカリキュラムを公開中!

初心者がPythonを独学で習得できたロードマップはコチラ

演算子とは

演算子とは計算や比較、代入をするときに使う記号のことです。計算のときに用いる記号を算術演算子、比較のときに使う記号を比較演算子と言います。

変数に代入するときに使うイコール(=)は代入演算子と言われます。通常のイコールのように「等しい」という意味ではないので注意していください。

比較演算子は条件分岐のif文やループ処理のwhile文で使われます。

関連記事

Pythonの条件分岐に使われるif文の基本的な書き方を紹介していきたいと思います。そもそも条件分岐とは何か?if文を書くときの注意点を見ていきましょう。 条件分岐とは 条件によって処理を分けることを条件分岐と言います。分岐の[…]

Pythonの条件分岐とは?if文・else・elifの使い方
Pythonの演算子に関する記事たち
5

算術演算子

算術演算子は四則計算(足す・引く・掛ける・割る)を行うときに使います。そのほかにも累乗の計算や割り算のあまりだけを求める方法などもあります。

演算子説明
足し算
引き算
掛け算
/割り算
//整数の割り算。小数点以下切り捨て
%剰余(余り)
**累乗

すべての計算で負の数にも対応しています。割り算は小数で出力されます。

これらの演算子の計算は文字列にも使うことができます。

  • 足し算は文字列の結合
  • 「文字列 * 整数」は繰り返し
  • その他の割り算や剰余などは文字列に使えません。

比較演算子

比較するときに使われる演算子です。比較した式は真偽の判定がされTrueかFalseが返されます。

演算子説明
==等しい(イコール)
!=等しくない(ノットイコール)
より小さい(小なり)
より大きい(大なり)
<=以下(小なりイコール)
>=以上(大なりイコール)

算術演算子で与えても計算してた結果で比較してくれます。小なり・大なりにはイコールありなしがあるので区別できるようにしておきましょう。

また、比較演算子はデータ型が一致してるかどうかや文字列にも使えます。データ型が異なる場合に<、>、<=、>=は使えません。

代入演算子

変数に値を代入するときに使います

演算子説明
代入

変数には数値でも文字列でも何でも代入することができます。変数名は自由に決めることができますが、「list」や「print」などのすでに存在している関数名やキーワード名は避けましょう。

一般的に変数名は名詞とアンダーバーで書くようにします。数字も使えますが数字から始まる変数名はダメです。「4people」はNGですが、「people4」ならOKです。

まとめ

  • 算術演算子は数値の計算に使える
    • 「+、*」は文字列にも使える
  • 比較演算子はTrue、Falseを返す
  • 変数に代入するときは「=」を使う
    • 変数名は名詞とアンダーバーで書く
    • 数字から始まる変数名はNG
【超基礎】Pythonの演算子とは(数値と文字列の計算)
最新情報をチェックしよう!