Pythonでファイル・フォルダがあるかどうかの存在確認と判定する方法

Pythonでファイル操作をするにはそのファイルが存在していないことにはできません。フォルダに関しても同じことが言えます。

そこで、今回はファイルやフォルダの存在を確かめることができる関数を紹介します。以下の3つの関数の戻り値はbool値なので知っておけば条件分岐に使えたりしますね。

フォルダとディレクトリは同じ意味です。主観ですがディレクトリは「作業スペース」で、フォルダは「ただの入れ物」というイメージが強いです。

パスの存在確認

os.path.exists関数

  • 引数にパスを指定
  • 存在するならTrue、しないならFalse
  • パス以外(文字列や数値)を渡してもFlaseでエラーではない

ファイルの判定

os.path.isfile関数

  • 引数にファイルパスを指定
  • ファイルパスならTrue、それ以外ならFalse
  • 文字列や数値でもFaleseでエラーにはならない

フォルダの判定

os.path.isdir関数

  • 引数にフォルダパスを指定
  • フォルダパスならTrue、それ以外ならFalse
  • 文字列や数値でもFaleseでエラーにはならない

まとめ

  • os.path.exists関数:引数のパスが存在するならTrue
  • os.path.isfile関数:引数のパスがファイルならTrue
  • os.path.isdir関数:引数のパスがフォルダ(ディレクトリ)ならTrue

当ブログではPython初心者が独学で習得するためのカリキュラムを公開中!

初心者がPythonを独学で習得できたロードマップはコチラ

Pythonでファイル・フォルダがあるかどうかの存在確認と判定する方法
最新情報をチェックしよう!